セラミッククラウンは最小本数で、あとはホワイトニングで歯を白く整えます

歯を白くしたい、歯並びや歯の形、大きさを整えて、魅力的な口元にしたい、などの願望がある場合、セラミッククラウンにしかできないことがあるわけでありまして、それは歯の形、大きさ、角度を整えることです。
歯の色はホワイトニングである程度まで対応できます。

歯のすきま治療後、徐々に開いた歯のすきまを改善

10年ほど前に一度、歯のすきま治療を受けられた方の再治療例です。
歯の間は徐々に開くことがあります。
開いた部分に樹脂製材料を増し加える方法で整えました。
状態にもよりますが、樹脂製材料による歯のすきま治療はくりかえし行うことができます。

前歯が大きいのが悩み、セラミッククラウンで改善

上の前歯が大きいのが気になる方は多いようです。
個性として温存したほうがよいという考え方もありますが、ご本人さまのご意向で小さくする方向で治療を進めることもあります。
小さくすると同時に、内向きにすることでおちついた口元になります。
ホワイトニング治療を加えて、全体を明るい色調にしあげました。

古いセラミッククラウン(メタルボンド)をオールセラミッククラウンに交換

かつてはメタルボンドというセラミッククラウンが主流でしたが、時間とともに歯の周囲が黒く変色することから、徐々に使われなくなりました。メタルボンドはベースとなる内冠を金属で作製し、その表面にセラミックを焼きつける方法です。
最近のクラウン治療はできるだけ金属を使わない方向へと進んでいます。
この機会に歯の形、大きさも整えました。