休診のお知らせ

1月21日(土)は大変申し訳ございません、休診となります。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

歯の変色、変色歯

日本人の歯の色は、アイボリーあるいは白が一般的です。
白と言ってもまっ白ではなく、黄色に近い白であることが多いようです。

歯の色が変化すること、歯の色が元々あまり白くない状態であることを歯の変色と表現しますが、歯の変色には大きく分けて二通りあります。

ひとつは歯の表面に外来の色素が付着している状態、もうひとつは歯の内部の色素が濃い状態です。

前者(歯の表面に色素が付着している場合)においては、クリーニング(プロフェッショナルクリーニングとも言います)によってきれいにします。かんたんに言うと、歯の表面をこすって汚れを除去することです。

後者(歯の内部の色素が濃い場合)においては、薬品を作用させて白くきれいにします。この方法をホワイトニング(歯の漂白)と言います。

このように、歯の変色に対する処置には二つの方法があるわけです。
クリーニングで十分きれいになって満足したのでそのまますごしたいという方もいますし、さらに白さを追求してホワイトニングを受けてみたいと希望される方もいます。

順序としましては、まずクリーニングを受けていただくのがよいと思います。
ホワイトニングはそれから考えましょう。

前歯のためのスポーツマウスガード

mausupi

スポーツの最中に前歯を損傷してしまった方のために、スポーツマウスガードをお作りしました。
今回は黄色のシートで作製しました。

前歯は顔と顔がぶつかったり、腕や肘がぶつかったときなどに損傷を受けやすいので、できるだけスポーツマウスガードで保護しておきましょう。

スポーツマウスガードを使用しない状態で歯に損傷を受けたとき、唇にも深い傷をつくってしまうことがあります。
スポーツマウスガードを使用していても唇に傷は生じますが、深さや傷の程度が未使用のときよりも軽度ですみます。

スポーツマウスガードは完全なものではありませんので、たよりきるわけにはいきませんが、競技によっては装着が義務づけられているものもありますし、危険を未然に防ぐものとして有効であることにはまちがいありません。

ホワイトニングの決め手はマウスピース

色んなホワイトニングの方法がありますが、ひと通り試してみたり、研修会に参加してはなしをうかがってみたりした結果、やはりオーソドックスな方法が効果的であると考えています。

オーソドックスな方法、それはホームホワイトニングとやや弱めのオフィスホワイトニングの組み合わせです。

さて、マウスピースについてですが、ホームホワイトニングに用いるマウスピースは精度がとても重要です。
マウスピースづくりにはじっくりと時間をかけ、情熱を注ぐようにしています。
型とり~できあがった石こう模型の調整~マウスピース用シートの加工などのステップを細かくていねいに行うよう心がけています。

ホワイトニングジェルの漏れが少ない精度の高いマウスピースを使うことで、ジェルの使用量を少なくすることができますし、ホワイトニングにかける時間も少なくすることができます。
ホワイトニングジェルの量と使用時間が少なくなると、歯がしみなくなります(ホワイトニングの刺激によるしみが少なくなります)。
しみ方が少なくなると、ホワイトニングの効果も上がってゆきます。

マウスピースは使っていくうちに、ゆるんだり、乾燥したりという劣化が起こりますので、時々新しくしたほうがよいです。
マウスピースの前歯の部分のはしっこが反り返っていないかどうかをよく点検しておいてください。

white

アズレイうがい液4%

みなさまにいつも処方させていただいているうがい液ネオステリングリーンに加えてアズレイうがい液4%(昭和薬品工)をご用意することにしました。

ネオステリングリーンの主成分はベンゼトニウム塩化物という殺菌性のある物質です。
一方、アズレイうがい液の主成分は炎症をおさえる効果のあるアズレンスルホン酸ナトリウムというものです。
お口の状態や治療目的に応じて、使い分けてゆくことになります。

ネオステリングリーンは40mlでしたが、アズレイうがい液のほうは10mlですので、使い切りやすいかもしれません。
両方とも希釈して使います。

neo_az

スポーツマウスガード

スポーツマウスガードの作製・ご案内を開始しました。
以前よりマウスガードの取り扱いは行っていましたので、その経験をスポーツマウスガードに活かすことになりました。

今回みなさまにご案内させていただくスポーツマウスガードは、主にケガの防止を目的としています。
具体的にはラグビー、アメリカンフットボール、空手、ボクシングなどの競技中にくりかえされるはげしいコンタクトプレーの結果、損傷する可能性のある歯や唇、顎骨を保護する形状に設計してあるマウスガードです。

マウスガードにはパフォーマンスを向上させることを目的とした種類のもありますが、その方面は現在研究中ですので、近い将来みなさまにご案内できるよう準備してまいりたいと思っています。

mg

アパガード・プレミオとアパガード・リナメル

今日治療が終わった方に、アパガード・リナメルの試供品をさしあげようとしましたら、アパガード・プレミオを使用中なのでだいじょうぶですということでした。

さすがですね、プレミオも非常に良いハミガキコです。
グレードとしては市販されているアパガードの中では最上位商品です。

薬用ハイドロキシアパタイトの含有率がいちばん高いのがリナメルとロイヤルで、その次がプレミオですので、薬効もかなり期待できます。

アパガード・ロイヤルは通販限定商品で、アパガード・リナメルは歯科医院専売商品です(実際には通販でも購入できるようです)。
アパガード・ロイヤルとアパガード・リナメルはほぼ同等の商品と考えてよいでしょう。
ほんのわずかに成分が異なる点と、デザインがちがうくらいの差です。

premio

薬用ハイドロキシアパタイトは歯の表面にできたキズを修復する効果があります。
結果的に歯がしみなくなりますし、歯が輝く美白効果も期待できます。

えとう歯科では、アパガード・リナメルの50g(1種類のみ)をとりあつかっています。