セラミッククラウンの準備

セラミッククラウンを作製する準備として、神経の治療を施すことがあります
ちなみに神経の治療を施す必要があるのは神経がある歯の場合で、すでに神経の治療がなされている歯(神経がない歯)の場合は、そのままセラミック治療に移ります

なぜ神経の治療を施す必要があるのかといいますと、歯をけずって小さくする必要があるからです
けずってできあがった小さな土台をつつみこむようにキャップ状のセラミッククラウンをかぶせる.. これがセラミッククラウンのしくみなのです

神経がある歯において、神経の治療をせずにけずってセラミッククラウンをかぶせることもできなくはないのですが、多くの場合、歯をけずってゆくうちに、神経が露出してしまったり、あとからしみたり痛みがでたりすることがありますので、事前に神経の治療をしておくことが安全であると考えられています

けずっている途中で神経が露出してしまうと、セラミック治療(型とり)を中断して急きょ神経の治療に変更となりますし、あとからしみてきた場合は神経の治療をしたうえで、セラミック治療を再度最初からやりなおさなければならなかったりしますので、治療を開始する時点でその歯の神経をどうするかについて、確実な診断(判断)をしておく必要があります

Filed under: セラミック,根っこの治療 — admin 12:05 AM

マウスピース矯正

マウスピース矯正が世にではじめて、もうだいぶ時間が経ちますが、ここにきて再び盛んになってきているようです
テレビや雑誌などでよく取り上げられるインビザラインがとても有名ですね

私の医院も、マウスピース矯正を取り扱っています
インビザラインほど有名ではありませんが、アソアライナー、エシックスというテクニックを採用しています

インビザラインアソアライナーは技工所で作製したマウスピースを用意しておいて、歯が動いてゆく変化に合わせながら順々に新しい装置に交換してゆくというものです

一方エシックスは、チェアーサイド、すなわち歯科医院において歯科医師がマウスピースを作製し、微調整をくりかえしながら、同様に新しい装置に交換してゆくという治療方法です

どの方法がすぐれているかにつきましては、なかなか判断がむずかしいところですが、インビザラインとエシックス、あるいはアソアライナーとエシックスという二通りのテクニックをご提供できるように身につけておくと、治療の応用範囲が広がると考えています

というわけで、私の医院ではアソアライナーとエシックスの組み合わせを用いて、みなさまのご希望におこたえできるようにしています

Filed under: 矯正~歯並び — admin 2:13 PM

雨降り

ame

今日は朝から雨ですね

新しい診療室は雨の音が心地よくひびきます
というのも、眼下に狸小路のアーケードが広がっているからです
アーケードは雨の勢いや粒度によってさまざまな音を聞かせてくれます

激しい雨は困りものですが、適度に降ってくれる雨はどことなく落ち着きをあたえてくれるので、むしろ歓迎です

Filed under: 写真,日々のこと — admin 4:49 PM

がんこな着色

ste_2

がんこな着色も、クリーニングできれいになります
下の歯は歯石を除去しながら着色を落としてゆきます
上の歯はつめものを研磨しながらきれいにみがきあげてゆきます
歯の表面に傷や凹凸があると、着色しやすくなりますので、表面を平らにすることも必要です

Filed under: クリーニング,写真 — admin 2:11 PM

京都旅行

gojunoto

maikohan

kamogawa

yudofu

先日、京都に行ってまいりました
美しさと豊かさ、そして艶やかさのなかで、しばし心をやすめることができました
天候にもめぐまれ、体調をくずすことなく帰ってくることができ、ほっとしています
写真は、五重塔へつづく坂、お稽古に向かう舞子さん、夜の鴨川、奥丹のゆどうふ.. です
次回は、話題の名店「すき焼き十二段家さん」にぜひおじゃましたいです

Filed under: 写真,日々のこと — admin 6:40 PM

着色はクリーニングで

ste

歯の表面が茶色~黒っぽく変化すると、むしばではないだろうか?とか、ホワイトニングじゃないと白くできないのでは?と、あれこれ心配になってしまいます

もしそれが、飲食物に含まれている色素成分による着色、すなわち表面的な付着でしたら、クリーニングでかんたんにきれいに除去することができます
クリーニングは、歯の表面をこする処置です
歯石も同時に除去すると、とても健康的な状態にしあがります

歯並びがでこぼこですと着色しやすいので、そのような方は定期的に、そうでない方もぜひ定期的にクリーニングを受けにいらしてください

Filed under: クリーニング,写真 — admin 12:33 PM