のどの痛みにマヌカハニー

のどが痛いときのおすすめは、マヌカハニーです。
マヌカハニーには、一般的なハチミツにはない抗菌効果があります。

原産国のニュージーランドでは一部医薬品あつかいになっていますが、日本では認可の関係で食品として販売されています。

朝起きて、んっ?のどが・・
というときに最適で、こまめになめつづけていれば、1~2日でだいたいおだやかな状態におちつきます。

マヌカハニーにはグレードがありまして、UMFという基準が用いられます。
のどの痛みに効果を発揮するのはUMF8+以上なので、8+以上のものを選ぶのがのぞましいです。

そのほか、UMF10+とか15+というレベルのものもあって、それらはアクティブマヌカハニーと呼ばれています。
こちらはかなりの効果がありますが、けっこうなお値段しますので、あまり店頭には置かれていないようです。

全身的に風邪やインフルエンザにかかってしまったときは病院におせわになるべきですが、ちょっとだるくてのどが・・、というときにはマヌカハニーだけでも回復することは多いです。

日ごろから習慣としてちょっとなめておくとか、紅茶に入れて飲むという予防的な方法もおすすめです。

札幌では確実に在庫しているお店が少なく、わたしが把握しているかぎりでは、札幌駅に一か所(ここにはUMF8+まで)と、平岡に一か所(10+以上在庫)あるようです。

風邪対策のひとつとして紹介してみました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする