けずらないラミネートベニア

as

ラミネートべニアは、歯の表側をすこしだけけずって、つけ爪のような形に加工したセラミックをはりつけるのが一般的な方法ですが、今回は歯をけずらずに、ラミネートべニアを施してみました。

この方法の長所は、歯をけずらない点です。
一方短所は、若干大きめの歯になってしまう点です(このケースではほとんど違和感がありませんでした)。

もともと歯のかたちが細めだったり、小さめの歯であれば、この方法を応用することができます。
歯をけずりませんから、痛みもありませんし、治療の流れもスムーズになります。

コメント投稿は締め切りました。