変色気味の歯の治療

sh

歯の色を改善させる治療の第一選択は、ホワイトニングです。
けれどもホワイトニングでは改善がむずかしいことがあります。

それは、歯の内側の色素が濃く変化している歯や、複雑な色調をしている歯のような場合です。
このような歯を変色歯(へんしょくし)といいます。

変色気味の歯はラミネートべニアやセラミッククラウンなどで色調を改善することができます。
ホワイトニングは薬剤の化学反応によって歯を内側から白くしますが、ラミネートべニアやセラミッククラウンは、人工素材(セラミック)によって歯を外側からカバーして白くする治療方法です。

コメント投稿は締め切りました。