歯周病による歯のすきま

su_1

歯周病が進むと、歯が動いたり歯ぐきが退縮したりという変化が起こります
その結果、歯のあいだにすきまが生じることがあります

歯のまわりの付着物(歯石など)を除去して歯ぐきが安定したら、歯のすきま治療を行います

改善方法には矯正治療、セラミッククラウンなどがありますが、このケースでは樹脂を接着して歯のすきまを閉じる方法を選択しました

下の前歯にはあまり歯のすきま治療を行うことはありませんが、このケースでは歯の動きをとめるためのワイヤーを歯の裏側に装着しましたので、それを見えなくするために歯のすきま治療を応用しました

コメント投稿は締め切りました。