きれいなセラミッククラウンにするためには土台をきれいに

セラミッククラウンはとてもきれいにしあがる治療方法です。
天然の歯のような自然な輝き口元の清潔感が得られます。

セラミッククラウンをきれいにしあげるための重要なポイントはいくつかありますが、最も重要なポイントは、土台をきれいにしあげておくということです。

土台部分の歯の色が黒く変色していたり、支柱となっている素材が劣化していたりすると、その素材のもつ濃い色素がそのままセラミッククラウンを透過して、見た目を阻害してしまいます。

土台はとても重要です。
きれいにするだけでなく、じょうぶにしておくことも重要です。

きれいでじょうぶな土台にしておくことが、きれいでじょうぶなセラミッククラウンにしあげる重要なカギとなります。

補足説明
このようなコアのことをファイバーコアといいます。
ファイバーコアは強度弾力をかねそろえていますので、歯のしなりに対して適切に順応してくれます。
ところが金属製の土台は歯のしなりに対して抵抗する作用が働きますので、歯の破折につながることがあります。

そのほか金属の土台でよく生じる歯ぐきの黒変も、ファイバーコアではほとんど生じることがありません。
金属アレルギーのある方もファイバーコアにしておくと安心です。

きれいなセラミッククラウンにするためには土台をきれいにする必要がありますし、健康的にしあげておくこともだいじなのです。

コメント投稿は締め切りました。