糸ようじ

糸ようじと言ったり、デンタルフロスと言ったりします。
糸ようじは、歯の間の汚れを取り除くための用具です。

使い方はいたって簡単で、15~20センチくらいの長さにカットして、かるく指に巻きつけた状態で、歯の間に通します。
このとき、ゴシゴシとこする必要はありません。通したなら、そのままはずすだけでだいじょうぶです。
これだけで汚れは十分とれています。

歯の間は点、あるいは小さな面で接触していますので、この部分に糸を通して汚れや付着物をかるくぬぐい取ることが、糸ようじの基本的な使用目的です。
接触部分以外はハブラシできれいにします。

糸ようじもハブラシと同様に、たくさんの種類のものが売られています。
入手する際の注意点は、糸がしっかりしていること、そしてワックスが塗られていること、などです。

中には簡単にちぎれてしまうものもありますので、注意が必要です。
糸ようじは歯の間をきれいにすると同時に、歯の間の異常を察知する役割もあります。
歯の間に虫歯や段差ができていると、糸ようじが通りにくくなったり、ちぎれたりすることがあります。本来であれば糸ようじを通すことで、それらの状態を知ることができるのですが、簡単にちぎれてしまう糸ようじを使っていると、虫歯ができているからちぎれるのか、それとも糸が弱いからちぎれるのかがわからなくなってしまいます。

img59236542

えとう歯科でおすすめしている糸ようじは、GC社製のルシェロ・フロスです。
治療にも使いますし、患者さまにもお分けしています。

コメント投稿は締め切りました。