歯を抜く日の注意点

虫歯や歯周病、そのほかの理由で歯を抜くことがあります。
歯を抜く日の注意点を説明したいと思います。

前日はゆっくり睡眠と休養をとって体調を整えてください。
アルコールの摂取はひかえましょう。
アルコールは体力を低下させる作用があります。

体調が悪いと歯を抜いたあとの痛みが強くなったり、治りが悪くなったりします。
アルコールの過剰な摂取は麻酔を効きにくくさせますのでひかえるようにしましょう。

歯を抜く処置が、昼食や夕食の前に行われる場合は、処置後の食事がとりにくくなりますので、処置前にかるく食べておきましょう。

歯を抜いた日は激しい運動はさけてください。
出血が止まらなくなることがありますし、体調を悪くしたり、歯ぐきの治りを遅らせてしまうことがあります。

抜いた日の食事は、あまりかまなくても良いもの、消化の良いものを選んで食べるようにしてください。
化膿止めなどの出されたお薬は、指示どおりに飲んでください。
歯みがきは、抜いたところ以外の部分をみがいてください。抜いたところの周囲はあまり刺激を加えることなく注意深くみがいてください。

歯科医院で渡された抜歯後の注意書きをよく読んでおきましょう。
お薬の案内に作用や副作用の説明が書かれていますので、ひと通り読んでおきましょう。
抜いたあとの消毒~点検を受けるようにしてください。

抜歯当日は、マスクを用意しておいたほうがいいかもしれません。
口元から血がにじむことがあるかもしれませんし、顔の表情が乏しくなりますので。

歯を抜いたあとの痛みや腫れは、抜く前の状態や抜いた箇所によっても変わってきますし、その日の体調や体力差(個人差)などによっても変わってきます。
いずれにしましても、抜いた日はゆっくりとからだをやすませるようにしましょう。

コメント投稿は締め切りました。