入れ歯もわるくないと思います

えとう歯科では、審美歯科というコンセプトを打ち出していますが、一般的な歯科治療も行っています。

最近、歯を抜いたあとの回復方法として、あらためて入れ歯を見直してゆこうと考えています。
その理由は、安価であること、簡便であること、歯をけずらない方法であることなどです。

入れ歯にもさまざまありますが、まず最初に使っていただく入れ歯は、ほんとうに昔からある健康保険治療に含まれるベーシックなものをおすすめしています。

一旦まずそのような入れ歯を作製~使用していだいて、その入れ歯がうまく使えるのであれば継続して使っていただきます。
なかなか慣れない、違和感が強いという方には、ブリッジやインプラントを検討していただくこともありますし、場合によっては同じ入れ歯でも、固定する方式がより精密なアタッチメントと呼ばれるものをご案内させていただくこともあります。

若い女性の方に入れ歯をおすすめするのはむずかしいこともありますが、一応説明だけはさせていただくようにしています。

どのような方法であれ、現在残っている歯をできるだけ長持ちさせながら、その方の置かれた環境にふさわしい方法をいっしょに導き出してゆくことが、良質な歯科治療につながると考えています。

ireba_dai

コメント投稿は締め切りました。