つめものの劣化をセラミッククラウンで改善

つめものを繰り返しつめていますと、色の濃淡が現れたり段差ができたり、ぽろぽろとかけやすくなったりしますので、ある程度劣化が進みましたら、補強も兼ねてセラミッククラウンを施すことをおすすめします。