ジルコニアクラウンについて

ジルコニアの特徴は硬いことです。
硬いので、かむ力が強く加わる奥歯に用いられることが多いです。
以上をふまえまして

ジルコニアクラウンには、フルジルコニアクラウン(あるいはオールジルコニアクラウン)という種類のものがあります。
これは硬さ重視(じょうぶさ重視)の治療に用いられます。
奥歯のブリッジ症例などです。

硬いからといって、対合歯(上の歯に対して下の歯のこと、またはその逆)にダメージを与えるということはあまりありません。
さらに、きれいに仕上げ磨き加工をしておけば、対合歯がけずれることもそれほど心配する必要はありません。

ただひとつだけ問題がありまして、フルジルコニアクラウンは色調があまりよくないのです。
そこでその点を補正するために、ポーセレン(陶材)を焼きつけてきれいに仕上げるという方法が用いられます。

これをジルコニアクラウンのセラミック仕上げとか、セラミック加工という呼び方をしています。
このような加工を施すことによって、前歯ですとか、奥歯でも色調が気になるような症例にも応用が可能になります。
以上がこれまでのジルコニアクラウンの特徴を説明したものです。

ところが最近、色調のすぐれたフルジルコニアが開発されましたので、私の医院では奥歯のブリッジ症例などに応用しはじめています。
色調がすぐれていて、硬さも硬すぎないちょうどよいフルジルコニアです。

コメント投稿は締め切りました。