金属の土台をとりのぞいてからセラミッククラウンにしましょう

保険のプラスチッククラウンの場合、内面と裏側に金属を使用しているものがあります。
その金属が溶けだすと、歯ぐきにまで浸透することがあります。
土台に金属を使用している場合も、同じような現象が起こります。

写真中段にありますような金属の土台を一旦とりのぞいて、ファイバーコアに交換します。それから全体がセラミックだけで構成されているセラミッククラウンでしあげます。

ホワイトニングも行いました。

コメント投稿は締め切りました。