歯並びがきれいな方の歯のすきま治療

一見問題のないきれいな歯並びですが

きれいな歯並びの方のすきまを閉じた写真です。
一見なんともなさそうに見える歯並びですが、わずかな歯のすきまが気になるということで、すきま治療をお受けしました。

歯の間にすきまが生じる原因

1)顎の大きさに対して、歯の大きさが小さい。
2)歯の大きさに対して、顎の大きさが大きい。
3)歯の形が先細りになっている。
4)歯が歯周病や老化にともなって移動したため。

以上のような原因があります。
それぞれの原因と状態によって治療方法が変わってまいりますが、ほんのわずかな歯のすきまであれば、樹脂製材料を歯の間に接着する方法がかんたんで費用も比較的安価ですので、おすすめです。

樹脂製材料による歯のすきま治療の概要

材料
歯のすきま治療に用いる樹脂製材料は、健康保険の虫歯治療に用いる材料によく似たものですが、よりじょうぶで見た目が美しくなるような加工がなされています。

処置の内容
(1)歯の内側面を念入りに清掃してから、接着剤を塗布します。
(2)よく乾燥させてから特殊光をあてて、接着剤を活性化します。
(3)片方ずつ、樹脂製材料を歯の形に合わせて貼りつけます。
(4)再び特殊光をあてて、樹脂製材料をかためます。
(5)表面をきれいに研磨します。

長所
歯をけずらずに接着しますので、痛くありません。
非常に安全な治療方法ですので、安心して治療を受けていただくことができます。
治療時間は20~30分です。
比較的安価です。

短所
唯一の短所は、かける、はずれるなどの可能性があることです(個人差があります)。
その点を考慮して、えとう歯科では1年間の保証を設定しています。
保証期間を過ぎましてからも、あまり費用がかからないように修復処置をお受けするようにしています。

年1回の点検と表面の研磨処置を受けていただくことで、長期にわたり良好な状態ですごすことができますので、この点をつよくおすすめしています。

注)樹脂製材料による歯のすきま治療は、成人の方を対象にしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする