叢生(でこぼこの歯並び)を歯を抜かずに矯正治療で改善

叢生を治すにあたって歯列全体を後方移動

叢生を抜歯せずに治した治療写真です。

歯を抜かずに叢生(でこぼこの歯並び)を治す場合、でこぼこを治すだけでは出っ歯になってしまいます。

出っ歯にならないようにするには部分的に抜歯を行って、スペースを確保する必要があります。

今回は患者さまの希望で、抜歯せずに歯列全体を(わずかに)後方に移動させて叢生を改善することにしました。

アンカースクリューの活用

矯正治療は、歯を移動させる際に、歯と歯を綱引きさせるような力の加え方をするのですが、歯列全体を動かしたい場合にはアンカースクリューを使います。

アンカースクリューとは、小さなネジを歯槽骨に一定期間とどめておいて、そのネジを固定源として歯や歯列を移動させるテクニックのことです。

抜歯をせずにと前述しましたが、歯列全体を後方に移動させる場合、智歯(おやしらず)を抜歯しなければならないこともあります。