細い歯をセラミッククラウンで改善、歯のすきまを樹脂製材料で改善

細くとがった小さな歯を普通サイズにしました

歯のすきま治療と細い歯を大きくする治療の写真です。
先天的に歯が細く小さい状態ではえてくることがあります。

このような歯を矮小歯(わいしょうし)といいます。

矮小歯は上の2番めに生じることが多いようです。
片方だけに生じることもあれば、両方の2番めに生じることもあります。

機能的に問題ないことが多いのですが、見た目が気になる方にはセラミッククラウンあるいはラミネートベニアで大きさ、形を整えることをおすすめしています。

歯のすきま治療の選択肢

歯のすきまを閉じる治療には
1)部分的な矯正治療
2)樹脂製材料で閉じる
3)セラミッククラウン、ラミネートベニアで形、大きさを修正する
などがあります。

どの治療方法を選択するかにつきましては、歯のすきまの距離、歯の形、歯並び、かみ合わせなどを診断しまして、ご予算、ご希望の治療期間などをうかがいながら、お話合いをさせていただくようにしています。

えとう歯科では、わずかな歯のすきまは樹脂製の材料で閉じることが多いです。
樹脂製材料で閉じる治療方法は、歯をけずらずに、その日のうちに処置が終わることがメリットです。