古いセラミッククラウン(メタルボンド)をオールセラミッククラウンに交換

かつてはメタルボンドというセラミッククラウンが主流でしたが、時間とともに歯の周囲が黒く変色することから、徐々に使われなくなりました。メタルボンドはベースとなる内冠を金属で作製し、その表面にセラミックを焼きつける方法です。
最近のクラウン治療はできるだけ金属を使わない方向へと進んでいます。
この機会に歯の形、大きさも整えました。

コメント投稿は締め切りました。