前歯が大きいのが悩み、セラミッククラウンで改善

歯の大きさをセラミッククラウンで小さくしました

歯の大きさをセラミッククラウンで小さくした治療の写真です。
上の前歯が大きいのが気になる方は多いようです。

歯が大きい状態を、良い意味での個性として温存したほうがよいという考え方もありますが、ご本人さまのご意向で小さくすることもあります。

歯の大きさは形や角度によっても見え方が変わります

歯を小さくする際に、末広がりの形であればをまっすぐに、あるいは少しだけ先すぼみにしながら、わずかに内向きにすると、おちついた口元になります。

ただし内に向けすぎますと、かみ合わせや顎の関節に不調をもたらしますので、許容範囲内で角度を整えます。

治療の進め方

治療の進め方としましては、まずかりばで大きさや形を整えて、その状態を確認していただきながら完成形に近づけてゆきます。

一旦かりばでご希望の歯の形態を完成させます

修正をくりかえしながら、ご希望の形態、サイズにしあげてゆきます。

型とりを行います

しあがったかりばの状態を、今度はセラミッククラウンに移し変えます(コピーするイメージです)。
大きさ、形のほか、色調もご希望をうかがいながら、セラミッククラウンの型とりを行います。

セラミッククラウン完成

できあがったセラミッククラウンをお口の中に合わせてみて、必要な部分を修正します。

大きさ、形、角度、色調に問題がないことを確認しましてから、接着性レジンセメントで装着します。

そのほかの歯にはホワイトニング治療を行って、全体を明るい色調にしあげます。

保証について

えとう歯科ではセラミッククラウンを装着してから5年間、保証期間を設定しています。
割れたり、かけたりしたときに、期間内であれば無料で再作製するようにしています。

参考) えとう歯科・セラミッククラウン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする