ねじれた前歯をセラミッククラウンでまっすぐに改善

上まん中2本のねじれをまっすぐにした治療例です

大きくねじれた前歯をセラミッククラウンで整えた写真です。
セラミッククラウンで上前歯のねじれ、歯の大きさを改善しました。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、セラミッククラウンを施したのは、上前歯まん中2本だけです。

そのほかの歯は上下とも、ホワイトニングで色調を明るくしました。

歯がねじれてはえる原因

歯がねじれてはえる原因の多くは、限られた顎骨のスペースに対してはえてくる歯の横幅が大きいことによります。

ほんのわずかでも歯が大きめであると、ねじれたり重なったりして歯ははえてきます。
逆にほんのわずかでも歯が小さ目であると、歯の間にすきまが生じたりもします。

歯の大きさやねじれを少しだけ改善させたいとき、セラミッククラウンはとても便利です。

イーマックスプレス(セラミッククラウンの一種)

現在えとう歯科で使用しているセラミッククラウンは大きく分けて2種類あります。

ひとつはイーマックスプレスというものです。
イーマックスプレスは、ニケイ酸リチウムガラスという材質でできたセラミックで、強度や耐摩耗性が天然の歯に最も近いセラミックであると考えられています。

イーマックスプレスは、えとう歯科でいちばん使用頻度の高いセラミッククラウンでもあります。
この治療例においてもイーマックスプレスを応用しています。

もうひとつは、ジルコニアセラミッククラウンというものです。

ジルコニアセラミッククラウン(セラミッククラウンの一種)

ジルコニアセラミッククラウンは、イーマックスプレスほどではありませんが、最近はかなり普及してきています。

ジルコニアは意外と身近な素材です。
歯科で使われる以前から、セラミック包丁などで目にしたことがあるのではないでしょうか。
硬くてじょうぶであることが特徴です。

以前は奥歯中心に使用されることが多かったジルコニアですが、材質ならびに加工技術の進化とともに、前歯にも多く使われつつあります。

近い将来、ジルコニアがセラミッククラウンの中心になるでしょう。