ハブラシのお手入れ

ハブラシは清潔に保ちましょう

ハブラシにばい菌がくっついているイラストです。

ふだんみなさんは、一日に何回ハミガキをしたらよいか考えたことがありますか?
こたえは、自由(任意)です。
好きなだけみがいてください。

ではハブラシのお手入れについておはなししますね。

みがいたあとが大事です

問題はみがいたあとです。
なんとなく水道の水でジャっとやってそのへんに置いたり、コップに立てておわりにしてはいませんか?

水道水で洗うときは、毛束の中に付着物がのこらないように念入りにすすぎ洗いをしてください。
洗ったらそのまま放置せずに、ティッシュや布のようなもので水分をよくふきとってください。

えとう歯科でとりあつかっているハブラシは毛の抗菌性がすぐれているので、あまり心配はありませんが、できるだけ念入りに洗ってからふきとるようにしてください。

雑菌がのこったままにならないようにしましょう。

おすすめのハブラシはタフト24です

えとう歯科でお勧めしているタフト24というハブラシの写真です。
えとう歯科で取り扱っているハブラシは、オーラルケア社製のタフト24というものです(写真)。

このハブラシは毛に特別なPBT素材を使用していますので、水はけがよく雑菌が残りにくい性質を持っています。

歯や歯ぐきを傷つけにくいように毛先の形状もなめらかに仕上げられていますので、うっかり強くみがいても大きなダメージを受けることがありません。

汚れをきちんとかきだせるようなコシもありますので、安全且つ効果的なハミガキをたのしむことができます。

そのほか毛の密度が高く、均等に植立されていますので、弾力性とあいまって毛先をうまく歯に押し当てることができる設計になっています。

ぜひタフト24を使ってみてください。
えとう歯科ではタフト24シリーズのSSとESSをとりあつかています(各100円税込)。

ちなみにタフトとは毛束(けたば)という意味です。
毛束が24あるので、タフト24なのです(高密集稙立タイプ)。

参考)
オーラルケア社製のハブラシでワンタフトというシリーズがあります。
こちらは毛束が一つという意味です。