マージン、トリミング

型とりの重要性

たとえばセラミッククラウンを作製する場合、歯の周囲をぐるっとけずって、そのあと型とりを行います。

ぐるっとけずることを「形成(けいせい)」ですとか、「支台歯形成(しだいしけいせい)」と言い表します。

型とりのことを「印象(いんしょう)」あるいは「印象採得(いんしょうさいとく)」といいます。

どの治療ステップも非常に重要で、繊細な作業が必要とされます。

型とりのご経験がある方は、あぁあのピンクの.. とイメージされると思いますがまさにそれです。

型とりを終えましたら、その中に石こうを流しこんで模型(石こう模型)を作製します。
ここまでが歯科医院で行われる治療ステップです。

このあと石こう模型は技工所に持ち込まれ、いくつもの工程を経てセラミッククラウンが出来上がるわけですが、わたしがこれまでずっと苦悩し続けていた問題点についておはなししますね。

精密さが求められる技工作業

石こう模型はまず「模型づくり」といういわゆる準備、つまりセラミッククラウンを作製するための準備として、該当する歯の周囲(マージン)を過不足なくけずって(トリミング)、作業しやすい状態にするのですが、これがとても大事な工程なのです。

わたしはこここがいちばん大事だと思っています

けずりすぎてもうまくいかないし、けずり足りなくてもだめなのです。
けずりすぎると、実際にできあがったセラミッククラウンは歯の内側にマージンが仕上がることになります。

けずり足りない場合は、歯の周囲よりも外側にセラミッククラウンのマージンが出っぱった仕上がりになり、いずれの場合も不適合という結果になってしまいます。

不適合の結果起こる生体反応

不適合という現象が起きてしまった場合どうなるかといいますと、患者さまのからだの抵抗力などにもよりますが、敏感な方は歯肉炎が起きてしまいます。

歯肉炎をそのまま放置しますと、出血や腫れ、悪臭などの不快事項が現れることがあります。

このような歯肉(はぐき)の炎症に対して、はぐきの処置を行うだけでは完治がむずかしいこともありますので、残念ながら装着したクラウンを一旦はずして、適合のよいかりばを作製~仮づけしておいて、歯肉炎がおだやかになったのを確認してから、再度セラミッククラウンの作製にとりかかることになります。

審美歯科の型とりに使う印象剤と印象用トレーのイラストです。

マージン、トリミングに関するまとめ

形成した歯の外周(マージン)どおりにトリミングして、セラミッククラウンを作製する作業は非常に高度な技術を要します。

ですのでわたしたち歯科医師は、技能と知識が豊富な歯科技工所を確保することをひとつの大きな課題として受けとめ、いつでも安定した治療をみなさまにご提供できるように質の高い協力関係を保つようにしています。