かりば(仮歯)の役割

かりば(仮歯)はとても大事です

かりばはとても大事です。
治療途中のさまざまな場面において、かりばは必要になります。

特に前歯の治療におけるかりばは重要な役割があります。
見た目を回復するため、かみ合わせを整えるため、食事をしやすくするため、歯をまもるため、そのような目的に合わせてかりばはひとつひとつ作られてゆきます。

前歯のかりばにはもうひとつちがった役割があります

では前歯のかりばのもうひとつの大事な役割についておはなししましょう。

前歯のセラミッククラウンを作製する場合、その方のご希望に合わせた歯の形・大きさ、長さ、厚さなどを表現する必要があります。
その際、そのご希望を一旦かりばで表現するのです。

かりばの材料は樹脂ですので、容易にけずったり、形を変えたり、大きくも小さくもできます。
このような性質を利用して何度もくりかえしご希望の状態を表現しては修正したり、仮装着して数日すごしていただきながら感触や感想を確認し、徐々に完成形に近づけてゆきます。

かりばによって仕上がった歯の状態を、今度はセラミッククラウンに置き換えてゆきます。
少々時間はかかりますが、かりばをひとつのたたき台としてやりとりさせていただくことによって、ご希望に近い、よりリアルな歯を作り上げることができるのです。

歯のキャラクターがパラソルの下で休憩しているイラストです。

かりば(仮歯)に関するまとめ

かりばは一時的な歯ですが、できるかぎり自然に見えるきちんとしたものを作るように心がけています。

かりばは長期間使用していますと、変色や劣化、不適合などの現象が起こりますので、機会をみて新調する必要があります。

かりばを装着している期間は、ガムなどの粘着性のあるものは口にしないようにしましょう。
強粘着のガム類はかりばをはずしてしまう(脱落させてしまう)ことがあります。
強粘着でないガムはかりばにくっついて、はがれなくなることがあります。