はぎしりはマウスピース(ナイトガード)で緩和しましょう

はぎしりには種類があります

はぎしりには大きく分けて、歯を横にずらしながらこすり合わせるタイプのもの、上下にぐいぐいと押しつけるタイプのもの、カチカチ小刻みにかみ鳴らすタイプのものがあります。
それらが単独で起こっていることもありますし、複合的に起こっていることもあります。

自分がどのタイプのはぎしりをしているかは自分ではわかりません。
それ以前に自分がはぎしりをしていることに気づいていないことも多いようです。

はぎしりの特徴

はぎしりは無意識の状況下で、特に睡眠中にしていることがほとんどです。
はぎしりをすると想像以上の非常に強い力が歯や歯周組織に加わります。

起きている状況下で意識して奥歯を強くかみ合わせたときの力が体重と同じくらいであるのに対し、はぎしりをしているときのかむ力は、なんと体重の約2倍なのです。
これほどの力が加わるのですから、からだにいいわけがありませんよね。

はぎしりを放っておくと、歯がすりへる、あごの関節症状(顎関節症)が起きる、歯がぐらつく(歯周病)などのような症状がみられるようになります。

全体的にはぎしりが進行している症例を見てみましょう

下の写真ははぎしりが全体的に進行して歯がすりへった結果、歯が短くなり、一部神経の露出が起こったため神経の治療をしているところです。

はぎしりで歯がけずれて歯が短くなった状態の写真です。
写真上段は歯をかみ合わせた状態ですが、なんとなく歯が短いのがわかりますね。

写真中段は上下の前歯を拡大したところです。
上の歯は元の歯の長さの2分の1くらいにまでけずれているようです。
下の歯は元の歯の3分の2くらいの長さになっています。

はぐきに目を移しますと、はぐきの中ほどが丸くふくらんでいることに気づきます。
これははぎしりを長年続けたことによって起こった骨の変化です。
それ自体は特に病的なものではありませんので、骨に対する処置は特に必要ありません。

上の歯のけずれ方がとても特徴的です(写真下段)。
よく見るとけずれているのは前歯だけで、奥歯があまりけずれていないのです。
この状態から、この方が典型的な『前がみ』タイプであることがわかります(前歯でかむくせがあるという意味です)。

前がみタイプになる原因はさまざまですが、もともと上下の前歯が先と先でかみ合っている状態(切端咬合)の方や、ウメボシの種やひまわりの種などのようなかみごたえのある食品を前歯ですりつぶすくせのある方に多く見られるようです。

この方は寝ている間に強烈な歯ぎしりをするだけでなく、やはり日中前歯でかたいものをかんでいるということでした。

はぎしりを完全に治す方法はありません

はぎしりを完全に治す方法はありませんが、緩和や予防をすることは可能です。
その代表的な方法として、ナイトガードというものがあります(健康保険適用)。
ナイトガードを装着することで歯のけずれ、歯周組織やあごの関節のダメージをおさえることができます。

ナイトガード(マウスピース)を装着して寝ましょう

はぎしり用のナイトガード(マウスピース)の写真です。
このようなナイトガードと呼ばれるマウスピースを装着することによって、とてもリラックスした睡眠がもたらされます。

ナイトガードははぎしりによって生じる音もある程度おさえることができますので、同室の方もすごしやすくなります。

人によっては、さほど強いはぎしりではないけれど、予防としてナイトガードを使用している方もいます。

一部にはぎしりが現れている症例

はぎしりで犬歯と手前の歯がけずれている状態の写真です。
一見なんともなさそうに見える口元ですが、じつはこの方も歯ぎしりをしています。

特に上の犬歯(3番め)とひとつ手前の歯が、下の犬歯とぶつかったり、こすれ合ったりした結果、徐々にけずれていったということがわかります。

このケースはさほど強くないレベルのはぎしりです。

ナイトガードについてのまとめ

ナイトガードは、食いしばりやかみ込み、横ずらしなどのいわゆるはぎしりを緩和予防することを目的とした医療用具です。

おもに睡眠中や、日中思わずぐっと食いしばる作業を行なう際に装着します。
使いはじめて間もないころは、違和感があるためにやや寝苦しいこともありますが、数日で慣れるようです。

ナイトガードには、素材の硬さによってハードタイプとソフトタイプとがあります(厚さは1~2ミリ程度)。

えとう歯科ではソフトタイプのものを下の歯に装着することをおすすめしています。
その理由は、装着感がよい(なじみがよい)ということと、舌や唇の適度な圧力によってはずれにくいことなどによります。

はぎしりを緩和、予防する方法として採用しているナイトガード(マウスピース)を装着している写真です。