歯を失ったあとの治療方法にインプラントがあります


歯を失ったあとの治療方法としてインプラント(人工歯根)というものがあります

わたしたちはさまざまな原因で歯を失うことがあります。
歯を失ったあとの治療方法には、ブリッジ、入れ歯(義歯)、インプラントといういくつかの選択肢がありますが、健康状態が良好で、骨の厚みが豊富な方であれば、インプラントを選択する価値があるかもしれません。

ただしインプラントは健康保険治療ではありませんから、比較的高額になりやすいので、そのことも考慮に入れながら検討する必要があります。

歯の大切さ、かむことの大切さ

さて、歯の役割や歯の存在自体がもたらすものはたくさんあります。
まず思いつくのが「かむこと」、「食べること」、「発音」、「骨格をささえる」、「強くかみ合わせて力を出す」、「見た目や表情に関係する重要な要素である」などですね。

これらはどれも非常に大事な要素です。
歯の本数がそろっていて、規則正しく配置され、丈夫であればあるほど快適にすごすことができます。

ところが人間の歯は、虫歯や歯周病、そのほか打撲や事故などの偶発的な原因によって、抜かなければならなくなることがあります。

医療技術や医療施設の数が十分に行き届いていない時代であれば、抜いたまま放置ということもあったでしょう。
けれども医療が充実している現代の日本のような環境においては、欲求や必要を満たすために、歯を抜いた部分を人工的に補うことはごく一般的であると考えます。
さらに近年はインプラントのように、より快適にすごすことができるように開発された治療方法も存在します。

ではどのような方がインプラント治療を必要としているのかといいますと、歯を失ったけれど、とりはずしの入れ歯(義歯)は心理的に受けいれることがむずかしい、ブリッジのように両隣の歯をけずって欠損を回復するのは悩んでしまう、できれば歯はけずりたくないというような方です。

一方で、どのような方がインプラント治療に適しているかといいますと、全身的に健康で、骨の厚みが十分に残っていて、かみ合わせが安定している方です(注:かみ合わせが安定していない方のインプラント治療もあります)。

インプラントの構造を模式図で示すと以下のようになります。

インプラントの構造を表したイラストです。

奥歯のインプラントのレントゲン写真を見てみましょう

インプラント治療の順序を表したレントゲン写真です。
写真上段は手術前の状態です。
インプラントを応用できる条件として、十分な骨の厚みと幅があげられます。
この方は幸いにして十分な骨の厚みと幅がありました。

中段のレントゲン写真は手術直後です。
下段のレントゲン写真は3か月経過した時点の状態です。

手術の当日にかりば(仮歯)を装着して経過を確認する方法もありますが、この方の場合は2週間ほど経過してからかりばを装着しました。

インプラントの構造は天然の歯によく似ていて、手術によって根(歯根:しこん)に相当する部分が備わります。その後、安定した状態が確認できた段階で、歯の頭(歯冠:しかん)の部分に相当するクラウン(上部構造体)を装着します。

前歯1本だけのインプラント

上前歯の欠損にインプラントを応用した状態の写真です。
前歯を1本失った場合、いちばん多く用いられる治療方法はブリッジだと思います。

ブリッジはすぐれた治療方法ですが、両側の土台となる歯をけずらなければなりません。
両側の歯が無傷の状態ですとけずることに躊躇してしまうことが多々あります。

インプラントであれば、歯をけずることなく欠損を回復することができますので、骨の状態が良好で健康状態も安定している方は、検討してみる価値があります。

インプラント治療は、歯を抜くことが決まった時点で計画を立てる必要があります。

前歯であれば、抜くときにはぐきの形をやや丸く仕上げるなどの審美的な配慮をしておくことが重要です。
あらかじめ、はぐきの状態を整えておくことにより、まわりの歯の長さにそろえることが可能となります。