セラミッククラウンの基本情報

長きにわたって愛されるセラミッククラウン

わたしが歯科医師としてこの仕事に就いたばかりのころは、「せとの歯にしてくださいね」とか、「いいやつにしてくださいね」とオーダーされることが多かったように記憶しています。

「せと」とは、瀬戸物(焼き物)のことです。
「いいやつ」とは保険が効かないことを表しています。

今でもご年配の方や、言葉がうまく出てこなかったときに「いい歯」とか「高い歯」という表現をされる方は多いです。

これらはすべて、セラミッククラウンのことを言い表しています。

セラミッククラウンが多くの人に好まれる理由

1.美しい
2.自然である
3.感触がつるつるしていて唇がなめらかに動かせる
4.色が変わらない

5.長持ちする
6.ステータスとしての価値がある

1~4は、わたしもそう思いますし、これまで治療を受けられた方がオーダーされるときによく口にされていた理由でもあります。

5に関しましては、健康保険の歯も長持ちさせることができますので、セラミッククラウン限定の理由ではないと思いますが、長持ちすることを理由にセラミッククラウンを選ぶ方は少なくありません。

6は、立場のある方や、雑誌テレビで活躍されている方たちのコメントとして見聞きすることがよくあります。

「長持ちする」の真偽について

なかなかむずかしい問題ですので、ここでは単純に材料の性質や作製上のポイントなどについてふれながら考えてみたいと思います。

健康保険に採用されている前歯のクラウンは、硬質レジン前装冠(こうしつれじんぜんそうかん)といいます。
硬質レジン前装冠は、金属で内冠を作っておいてから、その表面にレジン(樹脂製の材料)で作製した白い部分を接着するしくみになっています。

セラミッククラウンと硬質レジン前装冠のイラストです。

金属にもレジンにもある程度の弾力がありますから、歯に対するなじみや安定感はすぐれていると思います。
土台となる歯(歯根:しこん)が健康でありつづければ、硬質レジン前装冠はその歯にとどまり続けることができます。

そのような意味で、硬質レジン前装冠は長持ちするクラウンであることはまちがいありません。

けれどもレジンは色が徐々に濃く変色したり、飲食物によって着色したりしますし、ハブラシによるこすれによって表面がけずれるなどの変化や劣化が起こります。

このように長持ちはするけれども変化が起こりやすい性質がありますので、定期的に取り換える必要があるということを知っておく必要があります。
ちなみに取り換えの時期は、見た目に表れる変化の状態によって判断することができます。

一方セラミッククラウンはレジンのような極端な変色はありません。
着色に関しましても、レジンほどの着色は起こらないと考えてよいと思います。

金属やレジンにはある程度の弾力があると前述しましたが、セラミッククラウンには弾力がほとんどありません。
弾力がないということは、じょうぶであるということにもなりますが、不用意な力、たとえば食べ物をかむときの過度の圧力や、寝ている間の強いはぎしりの力が加わると破損することがあります。

これらの現象を防ぐ方法はいくつも考えられていまして、すでの多くの歯科医院で取り入れられていますから、特別心配するにはおよびませんが、万一破損するような場合は、あらためてかみ合わせの状態や、顎の運動などを点検して、再発を防ぐ対策をとる必要があります。

破損を未然に防ぐ方法として、わたしがいちばん大事であると考えていますのは、かりば(仮歯)の段階で、かみ合わせや顎の運動の状態を十分に調べて整えておくということです。

かりばの段階になると、早く治療を終わりたいという願望が患者さまの心に芽ばえることが多く、セラミッククラウンの完成を一日でも早くと急がれることが多いのですが、かりばこそ大事な治療のステップであることを、ぜひ知っておいていただきたいと切に願っております。

少しはなしがずれてしまいましたが、長持ちするかどうかにつきましては、保険の硬質レジン前装冠もセラミッククラウンも長持ちします。

ただし、長持ちさせるためには歯科医師と患者さまが共通した理解を持ちながら治療を進めてゆくことが大事ですし、治療後のメンテナンスや保証の設定などを通して、さまざまなケースに対応してゆくということを続けてゆく必要があると考えています。

その時々で適切な判断をしてゆきたいと思っております。

きれいになったセラミッククラウンを喜ぶ女性のイラストです。