歯を抜かない矯正治療

できるだけ歯を抜かずに治します

矯正治療の無料相談に来られる方のおはなしをうかがっていますと、「費用がどれくらいかかるか」、「治療期間がどれくらいかかるか」、「装置が目立たなくできるかどうか」、「歯を抜く必要があるかどうか」などを心配されている方が多いようです。

それでは抜歯の必要性について考えてみたいと思います。
従来、矯正治療には抜歯がつきものであると考えられてきました。それは、重なりあった歯を整列させるために重なり分を排除して、ちょうどよい状態、つまり顎の骨の上に歯がちょうど並びきる状態を作り出すために必要だからです。
その重なり分の排除にあてられる方法(処置)がおもに抜歯なのです。

治療の順序を大まかに申しますと、「抜歯」→「歯の整列」→「残ったすきまを寄せる」となります。
抜歯をともなった矯正治療の場合、抜いたら寄せなければなりません。
この「寄せ(抜歯空隙の閉鎖)」がいちばんの難関と言えるかもしれません。

抜歯後に歯を整列させたらちょうどすきまがうまるというのが理想ですが、すきまが残ることが多いのです。ですので歯科医師は寄せる技法をみがくことになります。
えとう歯科では抜歯空隙閉鎖の技法として、従来法に加えてアンカースクリュー(小さなインプラントを固定源にする方法)や特殊なマウスピースを用いて効果的に閉鎖を行うようにしています。

アンカースクリューや特殊なマウスピースを用いてのぞましい状態が得られたとしましても、やはりいちばんのぞましいのは歯を抜かないことだと思います。なぜなら歯を抜かないメリットはたくさんあるからです。
歯や顎の位置を大きく後退させる必要がある場合や、歯のつぶが大きい、顎の骨がせまいなどの事情がないのであれば、歯を抜かないで治すことが理想だと思います。

矯正治療前に顎の位置を適切な位置に誘導させておいたり、はぎしりや、突き上げるかみ方のような習癖を除去しておくことにより、歯を抜かずに矯正治療を行える治療範囲はぐっと広がってくると思います。

抜歯に関連して申しますと、矯正治療にかぎらず歯を抜くこと自体が最近は少なくなりました。
少々割れていたり、ポケットが深かったとしても抜かずに何とかして生かしておくように心がけています。