できるだけ歯を抜かない矯正治療


歯を抜く代わりの方法をご用意しました


矯正治療の無料相談に来られた方から、「費用はどれくらいかかりますか?」「治療期間はどれくらいかかりますか?」「目立たない装置でおねがいできますか?」そして「歯を抜かなければなりませんか?」という質問をよくいただきます。

それでは矯正治療における抜歯についてご説明したいと思います。

矯正治療には抜歯がつきものであると長く考えられてきました。それは重なりあった歯を整列させるためには、重なっている部分をほぐしてちょうどよい状態、つまり顎の骨の上に歯がぴったりと並んだ状態を作り出すための手段として抜歯は必要であると考えられていたからです。

今でもその考えは根強く残っていて、相談に来られた方のほとんどが抜歯が必要であるという診断をかつて受けたことがある、あるいはきっと必要なのだろうと思いこんでいることが多いようです。

抜歯をともなう矯正治療の順序はを大まかに、「抜歯」→「歯の整列」→「残ったすきまを閉じる」となります。このように抜いたあとに残ったすきまを閉じる必要があるのですが、この「閉じる処置(抜歯空隙の閉鎖)」がいちばんむずかしく、時間のかかるものなのです。

抜歯をして歯を整列させたらぴったりとすきまがなくなっていたというのが理想ですが、残念ながらそれだけでは(歯のねじれや重なりを改善しただけでは)抜歯後のすきまは自然に閉じることはありません。


抜歯後に残ったすきまの閉じ方


抜歯したすきまを閉じる方法として、部分的に屈曲を施したワイヤーによって閉じてゆく方法、連続したゴムの力で歯を引っ張り寄せる方法、アンカースクリュー(小さなインプラント)を用いて引っ張り寄せる方法などがあります。その際、マウスピース(CAバイトプレート)やレジンアップを併用して上下顎を適切な位置に誘導しながらすきまを閉じてゆくことがとても重要です。
*CAバイトプレート、レジンアップは東京都上野区でご開業されている富岡直哉先生のオリジナルメソッドです。
CAバイトプレートを使った矯正治療例もご覧ください。

ワイヤーやゴムの機械的な力にたよりすぎるけん引では歯根や皮質骨を傷めてしまいますし、くいしばりの強い人の場合は効果的な抜歯空隙閉鎖が期待できません。ですからできるだけ弱い力でけん引しながら、一方で歯根幕と開口筋、閉口筋をコントロールすることによって本来あるべき理想的な顎の位置へと誘導し、歯のすきまを閉じてゆくことが安全で有効な手段であると考えています。

すきまを閉じる処置がうまくいくことも大事ですが、いちばんのぞましいのは最初から歯を抜かないことだと思います。なぜなら歯を抜かないメリットはたくさんあるからです。


抜歯に代わる方法


誤解のないように申し上げておきますが、抜歯が必要な場合もあります。ですので矯正治療における抜歯がまったく必要ないわけではありません。顎骨の大きさや形、歯の大きさや形、歯の本数など、それぞれの状態が複合的に影響しあって、骨格的問題として必要抜歯を行うことはあります。

ところで、下顎が少しだけ前方に出ていて、上の歯よりも下の歯のほうが前に出ている状態が気になって相談に来られる方が多くいらっしゃいます。ご本人さまたちは抜歯が必要だろうし難治療になるに違いないとずっと思いこんでいたため、なかなか相談に来ることができなかったようです。

このような方たちのように多少下顎が前方に出ていたとしても、歯を抜かずに治せることは多いです。前述しましたように骨格的に問題があれば抜歯を必要としますが、機能的な問題の範囲であれば抜歯をすることなく矯正治療を行うことができます。機能的な問題の範囲とは、骨格の状態はほぼ正常で、下顎を前に出す動きや奥に引っ込める動きが(さまざまな原因によって)習慣(クセ)としてからだにしみついたために生じた範囲の歯列不正であると説明することができます。
*この範囲の歯列不正は顎関節の構造に問題があるために生じていることが多いので、顎関節を整えることが治療の中心でもあります。

このような場合にまず行うことは、なぜ顎の位置が前方あるいは後方に変位したかを診断し、適切な位置に修正してあげることです(かみ合わせの治療)。検査の際に型とりした歯型から、上下の歯が必要以上にぶつかり合ったり、ひっかかり合ったりしている箇所がわかりますから、その部分をマウスピース(CAバイトプレート)で修正してゆきます。CAバイトプレートが十分効果を現したことを確認してからレジンアップへと移行してゆきます。そして矯正装置(ブラケット、ワイヤー)を装着するという流れになります。

一般的な歯科治療ではかみ合わせを治療するときに、歯をけずって調整(咬合調整:こうごうちょうせい)することが多いのですが、CAバイトプレートやレジンアップによる咬合調整では歯をけずりません。これらの装置を応用することで咬合が自動的に変化する仕組みになっています。

CAバイトプレートやレジンアップはかみ合わせ治療を行う装置でもありますし、また同時に歯を動かしたり角度を改善させたりする矯正装置でもあります。

これまで説明してきた内容が抜歯に変わる方法とどう関係があるのか、まだピンときていないかもしれませんが、下顎が前に出ているのはいわゆるクセのようなものであって、下顎を前に出すクセさえ修正できたならば抜歯をしなくてもCAバイトプレートやレジンアップによって生み出された歯根膜感覚と筋肉の正しい機能によって、下顎は後方の本来あるべき適切な位置に自然にもどってくれるという、これがまさに抜歯に変わる方法なのです。

そのような下地づくりが進んでゆくのを見極めてからワイヤー矯正を始めてゆきます。その際に用いるワイヤーはニッケルチタンワイヤーというやわらかくて形状記憶力をもつワイヤーです。

叢生(そうせい)という歯が重なり合ってでこぼこしている状態がありますが、このような状態であってもニッケルチタンワイヤーを使うと、ふわっと歯がほぐされてゆくのがわかります。叢生状態を改善する際にゴリゴリと隣り合った歯がきしむことがありますが、できるだけきしむことなくふわっとふくらませる動きにもってゆくことがとても重要です。

このあたりの叢生をほぐす方法は、マウスピース矯正にも応用されています。わずかに歯列を前方にふくらませることによって叢生を改善し、それから歯の側面をわずかに削除(ジスキング)して内側におさめてゆくという方法です。


最後に


矯正治療の順番を書いておきますね。

1)無料相談

2)検査・診断

3)ご説明(ご同意)

4)かみ合わせの治療を始めます

5)ワイヤー矯正を始めます

↓ 治療を続けます

6)保定

その後も定期的に状態を点検させていただきます

このようなかんじです。
費用は上下でほぼ50万円(税別)です。
くわしい費用(内容等)につきましては正確にお伝えしたほうがよいと思いますので、無料相談に来られた際におたずねください。全体のシステムや特典、お支払い方法(デンタルローン等)などについても合わせてご説明させていただきたいと思っております。