痛くない矯正治療

やわらかくて細いワイヤーを使うとあまり痛くありません

矯正治療で用いるワイヤーには大きく分けて二種類あります。ひとつはやわらかいニッケルチタンワイヤーというもので、もうひとつは少し硬めのステンレスワイヤーというものです。

ニッケルチタンワイヤーは矯正治療の最初に用いるワイヤーです。ニッケルチタンワイヤーは弾力があるうえに、形状記憶合金でもありますから、少々でこぼこしている歯並びであっても抵抗なくすんなり装着することができます。
このような性質がありますから、ニッケルチタンワイヤーは痛みが少ないと言われています。

ただしまったく痛みがないわけではなくて、装着したその日はほとんど痛くないのですが、翌日、翌々日あたりに少しだけ痛みがあります。
これは、でこぼこした歯並びに装着したニッケルチタンワイヤーがまっすぐになろうとする力が作用するために起こるものです。
最初のワイヤーに慣れますと、その後はあまり痛まなくなります。

できるだけニッケルチタンワイヤーを使い続けます

わたしがふだん最初に用いるようにしているニッケルチタンワイヤーのサイズは最小の.010インチです。このワイヤーだけでも十分でこぼこは改善できますが、さらに良好な状態に整えてゆけるように、徐々にサイズを大きくしたり、部分的に曲げを入れるなどして整列を進めてゆきます。

以前は整列が進んだ段階でステンレスワイヤーを併用することが多かったのですが、ニッケルチタンワイヤーだけで十分対応できることがわかりましたので、今はできるだけ痛みが出ないように、ニッケルチタンワイヤーを使い続けるようにしています。

痛みが出るタイミングは3回やってきます

まず最初のワイヤーを装着したときに痛みが出ます。その次に痛みが出やすいのがニッケルチタンワイヤーからステンレスワイヤーに交換したときです。
3回めの痛みは、抜いたすきまを閉鎖(牽引)し始めたときにおとずれます。

わたしの医院では、現在ニッケルチタンワイヤーをメインに使用していますので、2回めの痛みは少なくなりました。3回めの痛みに関しましても、歯を抜かずに治すケースが増えてまいりましたから、すきまを閉鎖するときの痛みもかなり少なくなってきています。