虫歯治療

昔にくらべると、虫歯の数はかなり減ってきていますが、それでも虫歯治療は日々行われています。
えとう歯科も、虫歯治療を行っています。

現代の虫歯治療は、最小限の範囲でけずって虫歯を取り除いて、取り除いた結果できあがった空洞をきっちりつめるという考え方が主流です。
虫歯を取り除いたあと、つめものを行う処置のことを充填(じゅうてん)処置といいます。
白い樹脂製のつめものを施すことをCR充填といいます。

かつては小さな虫歯でも大きめにけずってから、型とりをして、後日金属のつめものを装着するという治療方法が一般的でしたが、最近は虫歯除去直後に、充填処置で対応することが多くなっています。
こうした治療方法の変化は、治療技術や治療器材の発達によるところが大きいです。

大きめの虫歯の場合は、充填処置では対応できないことがあります。そのような場合は型とりをして、つめものを作製しておいてから、後日装着するという処置になります。

型とりをしてから作製するつめもののことを、インレーといいます。
金属製のインレーはメタルインレーと呼ばれ、白い樹脂で作製されたインレーをCRインレーと呼びます。

白いインレーには、CRインレー以外に、ハイブリッドインレーセラミックインレーと呼ばれるものがあります。
それぞれ材質が異なります。

CRインレーは健康保険診療の範囲内ですが、ハイブリッドインレーやセラミックインレーは自費診療(健康保険外診療)の対象となります。