歯周病

歯周病は、歯肉(歯ぐき)、歯槽骨(歯をとりまく骨)、歯根膜(歯と歯槽骨をつなぐ靭帯)などが破壊され、それらの本来持っている機能が低下している状態のことです。
歯、歯肉、歯槽骨、歯根膜のことを歯周組織といいます。

歯周病の原因は、プラーク(歯垢)の中に潜んでいる歯周病菌です。
この歯周病菌が歯周組織を破壊するのです。
プラークとは、歯の周囲に付着した粘性の高い付着物のことで、時間とともに石灰化して歯石へと変化してゆきます。

プラークは食べ物の残りと思われているかもしれませんが、正確にはプラークは歯周病菌自体と歯周病菌が食べ物を原料として代謝産生した物質のかたまりなのです。

ですから病原性の高い歯周病菌が集まっているプラークを除去することが、歯周病の予防ということになります。
その代表的な予防方法が、歯みがきです。

歯周病と並んで、お口の中の代表的な疾患である虫歯も、メインとなる予防方法は歯みがきです。
歯みがきは、虫歯と歯周病を同時に予防する、とても重要な習慣なのです。

歯みがきをしばらく怠ると、歯肉が赤くなったり、腫れたりします。これはプラークがいつまでも歯肉周囲に停滞していることが原因と考えられます。
歯みがきを再開すると、プラークが取り除かれ、再び健康な歯肉に回復します。

歯みがきは、ただハブラシを歯にこすりつけるだけでは不十分です。やわらかめのハブラシを選んでいただいて、毛の弾力を利用しながら歯のかたちにフィットさせるようにあてます。そして歯の表面をぬぐうようなイメージでプラークを除去してゆきます。
歯1本1本を細かくていねいにみがきあげてゆきます。

歯周病は全身の健康状態や抵抗力なども関与しますので、歯みがきをていねいに行っていても、完全に防ぎきれないことがあります。
歯周病の予防は、お口の中だけでなく、全身的な予防も行う必要があります。