上をセラミッククラウン、下をワイヤーによる矯正治療

上の歯並びはセラミッククラウンで治しました。
下の歯並びはワイヤーによる矯正治療で治しました。

下の歯の矯正治療を行っている間に、上の歯の根の治療ですとか土台づくりなどをすませて、上下ほぼ同時に治療を終えました。

前歯中心の矯正治療①

「ちょっとだけ前歯がでこぼこしてるのを治したいです。でもあまり奥のほうまでワイヤーをつけるのはいやなんです。できるだけ部分的に..」というメールをいただきましたのでお返事を書きました。

そうですか、では前歯中心で治してみてはいかがですか。

その場合、部分的にワイヤーをつける方法もありますし、とりはずしのできるマウスピース矯正で治す方法もありますのでお好きなほうをお選びいただけます。

マウスピース矯正は、仕事中とりはずすことができますので、もしあなたが接客や営業などの業務についていて、人前で話をされる方でしたらこちらのほうがよいのではないでしょうか。
マウスピース矯正は、ワイヤーを用いると仕事や生活に支障が生じてしまう方のための矯正治療方法なのです。

もしワイヤーをつけてもかまわないのであれば、ワイヤーによる矯正治療をおすすめします。
なぜならワイヤーのほうが早く治療が完了しますし、細かく歯を動かすことができ、しあがりもきれいだからです。

なお、前歯中心の矯正は、奥歯のかみ合わせがしっかりしている必要がありますので、その点をご注意ください。
奥歯はあまり動かさずに、前歯だけを動かして治してゆきます。

ご不明な点はおたずねください。