がんこな着色

ste_2

がんこな着色も、クリーニングできれいになります。
上の歯はつめものを研磨しながらきれいにみがきあげてゆきます。
下の歯は歯石を除去しながら着色を落としてゆきます。
歯の表面に傷や凹凸があると、着色しやすくなりますので、表面を平らにしあげてゆきます。

クリーニングは機械的な操作によって、表面がきれいになり、清潔になり、白くなります。
白くなるという言い方は、厳密には正しくないかもしれませんが、付着物によって歯の表面が覆われて黄色くなったり茶色くなったりしていましたので、そのような状態から白い歯に回復したという意味です。
元の状態にもどしてあげる治療方法です。

参考)
ホワイトニングは、薬剤の化学作用によって歯を白くする治療方法です。
漂白効果のある薬剤を、歯の表面から歯の内側に向けて浸透させてゆくと、歯の色調に白変~透明度の高まりがもたらされます。

着色はクリーニングで

ste

歯の表面が茶色~黒っぽく変化すると、むし歯かな?とか、ホワイトニングしないと白くならないのかな?と、あれこれ心配になってしまいますが、飲食物に含まれている色素成分による着色、つまり表面的な付着物でしたら、クリーニングでかんたんに除去することができます。

クリーニングは、歯の表面をみがきあげる処置です。
歯石も同時に除去すると、とても健康的な状態にしあがります。

歯並びがでこぼこしていると、着色しやすいので、そのような方は定期的にクリーニングを受けましょう。
歯並びがよい方もぜひ定期的にクリーニングを受けにいらしてください。

歯のクリーニング

sak

歯の表面に付着したお茶、コーヒー、たばこなどの色素はハミガキだけではなかなか除去できません。
定期的に歯科医院でクリーニングしてもらいましょう。

いっしょに歯石も除去して、歯の周囲を健康的な状態に保っておくこともだいじです。
歯石や付着物は、ハグキに対して刺激を加えるだけでなく、場合によっては口臭の原因になることもあります。

見た目の点からも、目に見えない口臭の面からも、クリーニングはすべての人にとって必要な歯科治療です。
むし歯がなくても、ときどき歯科医院で点検とクリーニングを受けましょう。