変色気味の歯の治療

sh

歯の色を改善させる治療の第一選択は、ホワイトニングです。
けれどもホワイトニングでは改善がむずかしいことがあります。

それは、歯の内側の色素が濃く変化している歯や、複雑な色調をしている歯のような場合です。
このような歯を変色歯(へんしょくし)といいます。

変色気味の歯はラミネートべニアやセラミッククラウンなどで色調を改善することができます。
ホワイトニングは薬剤の化学反応によって歯を内側から白くしますが、ラミネートべニアやセラミッククラウンは、人工素材(セラミック)によって歯を外側からカバーして白くする治療方法です。

けずらないラミネートベニア

as

ラミネートべニアは、歯の表側をすこしだけけずって、つけ爪のような形に加工したセラミックをはりつけるのが一般的な方法ですが、今回は歯をけずらずに、ラミネートべニアを施してみました。

この方法の長所は、歯をけずらない点です。
一方短所は、若干大きめの歯になってしまう点です(このケースではほとんど違和感がありませんでした)。

もともと歯のかたちが細めだったり、小さめの歯であれば、この方法を応用することができます。
歯をけずりませんから、痛みもありませんし、治療の流れもスムーズになります。