古いセラミッククラウン(メタルボンド)をオールセラミッククラウンに交換

かつてはメタルボンドというセラミッククラウンが主流でしたが、時間とともに歯の周囲が黒く変色することから、徐々に使われなくなりました。メタルボンドはベースとなる内冠を金属で作製し、その表面にセラミックを焼きつける方法です。
最近のクラウン治療はできるだけ金属を使わない方向へと進んでいます。
この機会に歯の形、大きさも整えました。

細い歯をセラミッククラウンで改善、歯のすきまを樹脂製材料で改善

先天的に歯が細く小さい状態ではえてくることがあります。
機能的に問題ないことが多いのですが、見た目が気になる方にはセラミッククラウンあるいはラミネートベニアで状態を整えることをおすすめしています。
わずかな歯のすきまは樹脂製の材料で閉じることが多いです。

金属の土台を除去し、ホワイトニングをすませてからセラミッッククラウンを作製

歯の形、角度などが気になる方の治療です。
古いセラミッククラウンの下には金属の土台がありましたので、ファイバーコアに交換しましてから、セラミッククラウンを作製・装着しました。
金属の土台は歯ぐきを黒く変色させてしまうことがありますので、注意が必要です。

大きなつめものやねじれ、歯の大きさをセラミッククラウンで改善

つめものが古くなると変色することが多いです。
つめものの処置を繰り返しますと、面積が大きくなったりもしますので、機会をみてセラミッククラウンできれいに整えることをおすすめします。
その際、歯の大きさ、ねじれ、重なりなども一緒に改善するとよいでしょう。